葉酸サプリの副作用について

葉酸サプリの副作用が気になっている方は多いようですが、結論から申しますと過剰摂取をした場合などを含み、葉酸サプリによる副作用の実例は殆ど無いそうです。専門家の中では副作用もあり得るという説を唱えている方もいるそうですが、実際の報告例は乏しく、その割合は葉酸が不足した場合のほうが圧倒的に危険性が高いとのことです。過剰摂取による副作用があり得る成分を国も気軽に推奨することはできないと思われますし、400μグラムという基準値も、限界値よりも圧倒的に低い数値に設定されていると思います。そもそも人によって必要な栄養量というのは異なってきますから、人によっては600μグラムが本来の適正値という可能性もあるわけです。葉酸サプリの過剰摂取による副作用の可能性があると考えられるケースですが、何事も適量が一番なのです。例えば、人間の生命維持に欠かせない「水」ですが、水ですら飲み過ぎると水毒病に陥ります。過ぎたるは及ばざるが如しということわざもありますので、規定量を守る事を意識していれば大丈夫でしょう。葉酸はビタミンBの仲間ですから、水溶性ビタミンです。熱に弱いし吸収率も悪いので一度に多く摂取したところで、体内で効率的に消費できなかった葉酸は体外へ排出されます。体内に蓄積もしくいので、過剰摂取すること自体が困難なのです。ただし、サプリメントを服用することによって過剰摂取を可能にしてしまいます。葉酸サプリを過剰摂取することによる副作用は、吐き気や嘔吐などによる体重減少でしょう。葉酸を摂らなければ胎児へ影響が出てしまうという強い思いがストレスを引き起こし、体に異変を起こす場合もあるのです。あまり神経質になりすぎず、サプリに頼り過ぎずに、きちんとした食生活で葉酸を補おうという意識が大切なのです。

TOPへ